淋病を放置すると不妊の可能性もある性病

淋病とはクラミジアの次に感染が多い性病です。
一時は減少傾向にありましたが近年増えてきています。
男性の場合と女性の場合とでは症状に違いがありますが、男性ですと排尿のときに激痛を感じてしまいます。
女性の場合は性器がかゆくなったりおりものの量が多くなるのが特徴です。
特に女性の場合は自覚症状が軽いことから感染に気付かないことが多くなります。
しかしそのまま放置していると不妊になる可能性がありますので、もしもパートナーが感染していれば検査を受けてください。
淋病の性感染の率は非常に高く大体一度の性行為で30パーセントになります。
夫婦や恋人など決まったパートナーのいる方でしたら何度も性行為をしていますので高い割合でパートナーも感染しているため注意が必要です。
女性が淋病を放置していますと子宮の中や卵管にまで影響を及ぼし子宮頸管炎や卵管炎や子宮内膜炎などを引き起こし不妊になってしまいます。
既に妊娠している状態で淋病にかかってしまいますと子供が失明してしまう可能性もあるため気を付けなければいけません。

性病検査男性の場合も淋病を放置していると無精子になることもあるので同じく男性不妊になります。
将来子供が欲しい方が淋病にかかった場合一刻も早く治療をしましょう。
淋病の方はクラミジアも同時に発症している可能性が高いのでまずは性病検査をしましょう。
その後は注射などで治療していくことになります。

クラミジアにも感染している場合は同時にそちらも治療していく形になります。
最近では性行為ではなくオーラルセックスが原因の感染も増えてきていますが、喉に感染した場合薬がききにくいため通常よりも治療に時間がかかります。
潜在的にかかっている方の多い病気ですので性行為をしたことのある人はまず性病検査をしましょう。