性行為が無くても風呂などで感染する性病

タオル性病というのは性行為を感染原因とするものを言う、と思われがちです。
それ以外にも性病と言われるものの中にはタオルなどを媒介して感染を及ぼすものなどもあり、一概に性行為によって感染する病気を性病とは言い切れないところもあります。
例えば、トリコモナスなどは風呂を媒介して感染する場合もあるとされ、性交渉が無くとも罹患することもあると言われています。
だからといって過敏になる必要はありませんが、例えば自分自身が性行為によって身体に異変を感じている場合などでは、小さな子供と同じ湯船に入ることはできるだけ避けた方がよろしいかもしれません。
また、特定のパートナー以外とオーラルセックスをしたり、避妊具無しで性交渉をした場合には本人の自覚がないところでも感染している可能性もあります。
パートナーに対する接触はできるだけしない方が無難と申せましょう。

性病には潜伏期間というものがあって、発症するまでに体内に菌が潜伏している状態であることがあります。
そうした際に不用意に性行為を行うと、パートナーに感染させてしまうこともあり得ます。
パートナーだけではなく、抵抗力の弱い小さな子供にも何らかの形で感染させてしまう恐れもあります。
そうしたことを考えるならば、特定のパートナー以外との性行為には粘膜と粘膜を直接触れさせないことです。
また、タオルなども共有しない、など細心の注意を払うことも大切であるといえましょう。
とくに性器と性器が直接ふれたり、口粘膜と性器が直接ふれたりするような性行為は避けておくことも大切です。

いずれにせよ、性病と言われるものの中にはちょっとした接触で感染にいたるものもあります。
これは大丈夫、これは危険、という線引きは決して素人判断しないようにすることが大切です。